被災の地を忘れない

岩手県上閉伊郡「旧・大槌町役場」

 近年、地震や気象の異変が年を追って頻発するかのようにみえます。そして、そこにはいつも、被災の犠牲に苦しむ人たちが・・・。

 命は、神によって備えられ、その慈しみのもとに置かれているもの。そのような命を、私たちは一つとして忘れることはできません。

 被災の地に生きられた人々を、また 今現にそこに生きておられる人々を憶えて、事を忘れまいとする取り組みをリンクで繋ぎます。そこからは、天災の悲しみだけでなく、例えば原発などの「人災」の愚かしも見えてくるように思われます。そこにどんな福音を、教会は届けるのでしょう。



【九州北部豪雨】

【熊本・大分地震】

【東日本大震災】

【阪神・淡路大震災】